住宅ローンと担保

住宅ローンと担保の関係。住宅ローンの担保(物的担保)は、当然該当物件の土地と建物になります。通常、担保の目的物に保証会社の抵当権を設定します。

また、よく聞く話で、担保は建物だけじゃだめなのか?土地と建物の両方を担保提供しなければならないのか?という事なのですが、基本的には土地と建物の両方 を担保提供しなければなりません。例えば、1,000万円を借りるとして、建物の価値が2,000万円なら、建物の担保提供だけで も良いのではないか?と思われるかもしれませんが、そうではありません。

土地と建物は1セットと考えて下さい。銀行(あるいは保証会社)からしてみれば、担保を取る(抵当権の設定)という事は、最悪の場合を想定して行う事です。 つまり、もしも返済が滞った場合は担保の処分(競売など)になります。その時に、土地は別の人が所有しているのに建物だけを買うなんて人はいるでしょうか?

逆も同じで、他人の建物が建っているのに土地だけを買う人がいるでしょうか?つまりはそういう事です。抵当権を設定されると言っても、設定しただけで所有権が移るわけではありません。 最悪の場合は抵当権を行使するという事です。

ローンの関連ニュース

ひまわり証券の特徴