中古車

旧車、希少車といわれる車の値が下がってきている気がします。 私も旧車が大好きです。不況の影響なんでしょうね。

景気の良い頃は、ヨーロッパの富裕層などが希少車を買い漁ってました。 私の知り合いなんですが、以前ランチアストラトスを3,000万円で売却したなんて言っていました。 当時に実際ラリーで使用された車らしいです。

ですが今はどうでしょうかね?かなり値が下がっているとは聞いています。 世界的な金融危機の影響で、株式市場がかなり下げましたので、富裕層も逆資産効果で欲しがる人が減っているのではないかと思われます。 また、自動車はともかく、二輪車の市場はかなりひどいですね。新車の売れ行きがピーク時の1/10程度ですから。

道路交通法の改正で、二輪車でも駐車違反の適用を受けるようになった事も大きいでしょうが、 消費者の余裕がなくなってきているのが最も大きいのではないでしょうか?二輪車はどちらかというとぜいたく品の部類に入ると思います。車とバイク、両方維持するのが大変なのでどちらかを手放す。じゃ、どちらを手放すかというと、実用性の低いものを処分するというのが現状であると思われます。

二輪車の駐車違反と経済効果とどちらが優先されるべきかわかりませんが、建築確認問題でもあったように、官製不況は避けたいところです。

中古車の関連ニュース

ひまわり証券の特徴